Staff Blog

取扱い説明をしました!

2020.08.3

今オープンハウスをしている現場で取扱い説明をしました。

 

取扱い説明は、水道屋さん・電気屋さん・太陽光の工事業者さんを呼んで、お客様に設備の使い方のご説明をして頂きます。

電気屋さんによる、テレビの接続のご説明中です。

最近の設備は色々な機能がついているので、1回で覚えるのは大変です。

引き渡し後にご不明点や不具合があれば、すぐにかけつけるのが、建築場所を事務所から30分以内と限定している当社の良い所です!

また、引き渡し日の3カ月後には定期点検を行いますので、その時にご不明点があれば再度ご説明させて頂いています。

 

取扱い説明では、当社スタッフが24時間換気や床のお手入れの仕方なども色々とご説明します。

時計や絵など、取付してほしいものがあれば、この時にスタッフが取付も行っています。

以前ハウスメーカーに勤めていた時は、お客様の持ち物を取付する時は全て金額が発生していました。

しかし、当社ではすべてサービスで取付させて頂いていますので、ご安心下さい。

 

まだお子様が小さいので、取扱い説明中は私がお子様と一緒に遊ばせて頂きました!

 

下の子が今5歳なので、4年前はこんなかわいかったんだな~と懐かしく思いながら、楽しませて頂きました!

人見知りせず、こんなおばさんに一緒についてきてくれて、とても嬉しかったです(笑)

 

今回のオープンハウスの開催を快く引き受けて下さったお客様にはとても感謝しています。

オープンハウスはあと2週間開催しています。

コロナ対策で完全予約制となっていますので、ご来場の前にはご予約をお願いいたします。

Arai

 

 

あるタイヤメーカーのお話

2020.08.1

あるタイヤを製造し販売している会社さんのお話を聞いてとても勉強になったので、知っている方もいらっしゃるかもしれませんがお付き合いください。

 

駆け出しのタイヤ屋さんがどうやったら自社のタイヤをたくさん売ることが出来るかと考えていました。

・値段を他社より安くする

・まとめて買ってもらったら安くする

・デザイン性を良くする

・耐久性を上げる

・広告をたくさんする

・タイヤを買ってもらったらおまけをつける

などなど、一般的にはこんな感じでしょうか。

 

しかし、そのタイヤ屋さんが考えた方法は上記のような事とは全く異なっていました。

 

その方法とは

タイヤを買ったその先の事をお客様にイメージしてもらうという事でした。

タイヤを買うと当然、車でどこかへ出かけます。

仕事やデートや家族との旅行などなど

その時に必要な情報をお客様に事前に提供する事で、イメージをしてもらい、たくさん車に乗ってもらい、タイヤを減らしてもらい、タイヤを買ってもらおうと考えたのです。

 

必要な情報とは・ガソリンスタンドの場所・車の修理工場の場所・食事ができる場所・宿泊ができる場所などです。

これをまとめたガイドブックを作り当時は無料で配布したそうです。

それから約20年後にはレストランやホテルなどに独自の評価基準で★印を付け、★の数が多いほど評価が高いという設定としたのです。

 

そうです。それが「ミシュランガイド」です。現在では2007年より日本版も発行され、ほとんどの方がご存じかと思います。

(私も名前は知っていましたが、タイヤメーカーの「ミシュラン」とは関係ないと思っていました。)

その戦略が功を奏し、ガイドを配れば配るほどミシュランは認知され現在では世界最大級のタイヤメーカーになったのです。

何か物を売る時に簡単に考えると、先ほど上で箇条書きをした様なやり方になりがちですが、実は長くは続かず、もっと先の事を考えていないと継続していく事が出来ないのだと感じます。

 

そして、自社に置き換えてみると、良い家を造る事はもちろんのことながら、お引き渡し後のアフターサービスを長期間に渡り自社でしっかりとケアをしています。

 

そのお陰で、こちらから売ろうとしなくても自動的に家を建てたお客様のご兄弟やお子様や知人の方などをご紹介して頂けています。

自社はもちろんの事、皆さんが良いスパイラルでまわっている様に感じます。

 

このお話に何か通じるものを感じ、あらためて今のやり方が正しいのだと感じた出来事でした。

tanaka

 

最新情報