Performance

天井の断熱&遮熱

天井300mmの断熱で
夏の暑さをシャットアウト!

屋根の棟部分に換気口を設けることで外壁面や屋根裏の熱を効率よく排気しています。さらにその下に、断熱材のセルロースファイバーを300mm吹き込むことで外気の暑さをシャットアウトできます。
「でも300mmはオーバースペックなのでは…?」と感じる方もいるかと思いますが、欧米ではこの位の断熱は当り前!日本の住宅の断熱の厚さが間違っているのです。世界は広い…。もっと視野を広げ、これぞ!というアイデアをどんどん取り入れることによって、住み心地の良い家ができていくのです。

暖かさ・涼しさのヒミツはこちら

ダブル断熱

基礎について

基礎全体を断熱することで、
家の温度が一年中安定します

オカケンが造る家は、基礎でしっかり断熱しています。基礎の立上り幅は150mmで、その内側に100mmの断熱材を張っています。この基礎をしっかり断熱することで、床下が冷えることはありません。
土の温度は、1年を通じて18度前後で安定しています。
家の温度の安定には、この地熱の利用も必要です
床は、夏にはひんやりと感じ、冬にはほんのり暖かく感じることができる、過ごしやすい温度が保たれた家になるというわけです。
仕上がってしまえば、見えなくなってしまう部分ですが、床下の基礎の断熱はまさに縁の下の力持ちなのです。

壁について

あたたかさの質が違います!
ダブル断熱工法

柱の外側に発砲ポリスチレン50mmを張る外断熱工法と、柱の間にも羊毛の断熱材100mmを入れる外断熱+内断熱のダブル断熱になっています。
「そこまでやらなくても…」と感じる方もいると思いますが、目指している家は、夏はエアコンなし、冬も暖房なしで暮らせる家なので、この位の断熱が必要になるのです。
断熱性能が上がれば上がるほど、少ないエネルギーで冷暖房することが可能となり、毎月の光熱費も少なくなります。 また、エアコンを何台もつけたり、高出力の暖房設備も必要ありませんので、建てる時にかかる設備のイニシャルコストも安くなるのです。
つまり、家を建てる時も、建てた後もオトクということです。

羊毛の特徴

  • 空気をたくさん含んでいて、冬はあたたか。
    羊毛の縮れにより、たくさんの空気を含むことができます。
  • 水滴を弾き、吸湿します。
    羊毛は毛1本1本がうろこ状になっています。
  • 実は、燃えにくい繊維なのです。
    羊毛は防炎性能の高い繊維で、航空機内部や消防服などにも使われています。
  • 高いVOC吸着能力で、空気を浄化。
    羊毛には有害物質や汚染物質を、吸着・浄化する機能が備わっています。
  • 地球環境へのやさしさ。
    羊毛は自然に成長するので、石油のように有限な資源ではなく、再生し続けます。
    また、羊毛が多く利用されると草原が守られ、地球の生態系を守ることにも繋がるのです。

世界トップクラスの断熱性能

真空トリプルガラス

群馬県内でこのサッシを本格的に採用するのは当社が初です。
今までのペアガラスよりも性能がアップしているので、窓から出入りする熱を最小限にすることができます!
海外の木製サッシのトリプルガラスよりも断熱性能が高く、樹脂のフレームを採用することにより、木製サッシの定期的な塗装の必要もありません。

エアコン1台で家1軒をまるごと暖房

床下エアコン

冬場は床下のエアコン1台で、家1軒まるごと暖房することができます。
床下の空気と基礎を暖めるので床が冷たく感じません。そして、その暖められた空気が上昇気流により、壁・天井を通ります。そうすることで室内の空気を暖めるのではなく、床・壁・天井を暖めています。
この方法によって、6面副射式暖房になり、室内の暖房機器を使うことはなく、各室の温度差もほとんどありません。
家全体がやわらかい暖かさに包まれますので、別の部屋に行った際、寒く感じることも無く、快適に生活することができるのです。

新鮮な空気が壁・床・天井を循環

空気の移動

換気システムや床下のエアコンなどによって床下から家全体に新鮮な空気が移動します。
この新鮮な空気は、壁の中、床の中、天井の中を通って室内へ入ってきます。さらに熱交換型換気システムを採用することにより、家の中の温度差がほとんどありません。
空気がヒノキの柱の近くや羊毛断熱材の間を通ってきますので、適度に調湿され、家の中がジメジメすることなく爽やか。
そして、ヒノキの良い香りがする室内空間になるのです。これによって、床下に設置したエアコン1台で1軒まるごと暖めることができるのです。
床下から2階へと自然に空気が移動する仕組みになっている、まさに呼吸する家なのです!

暖めた空気を無駄なく再利用

熱交換型換気システム

換気システムは高性能な熱交換型

オカケンが造る家の換気システムは、一般的な、ただ空気を入れ替えする第3種換気システムとは違います。換気の際、新鮮な空気を室内に入れると同時に、室内の排気から熱を回収してから室内へ送り込むシステムになっています。

一般的な換気システムは、強制的に排気し、その分の空気が自然に家の中に入ってきますので、冬時期に暖めた20℃の空気は、そのまま屋外へ排出され、冷たい空気が直接室内へ入ってしまい、せっかく暖めた空気を外へ逃がしてしまうことになってしまいます。
これに対し、当社のシステムは、この20℃の空気の約70%〜90%の熱を回収しますので、室内に入ってくる空気の温度は約18℃位になるので冷たくありません。
また、温湿度の交換を行う際に臭いは交換しないため、トイレなども換気経路にすることができます。さらには花粉も除去できるフィルターも標準ですので安心して生活ができます。換気による熱のロスを最小限に抑えることで、暖めた空気をムダなく再利用することができる高性能な換気システムを採用しているのです。