Staff Blog

ふと、気付く事

2021.02.20

先日、車で現場に行く途中に外壁が左官仕上げでボロボロ、塀も同じ仕上げでボロボロの家を目にしました。

白い塗壁は部分的に黒ずんで、クラックがたくさん入っていました。

「新築当時は綺麗だったのだろーなー」なんて考えながら通り過ぎました。

 

当たり前の事ですが、どんな家も新築当時は綺麗です。

その状態をなるべく費用を掛けずに維持できるかがポイントだと思います。

または、汚れていく素材ではなく経年変化を味として楽しめる様な素材をチョイスするのも良いと思います。

「きっとあのお宅は建てた建築会社が面倒を見ていないのだろーなー」なんて勝手に感じさみしい気持ちになりました。

 

ふと、オカケンの提案する家ならあんな風にならないのになーと思いました。

当社でご提案する素材や納まりは今までの経験を踏まえ、常に進化し続けています。

 

それは責任を持っていつまでもアフターフォローをするからなのだなと思います。

何年経ってもお客様としっかりと向き合うスタイルですので、中途半端な事は出来ないのです。

 

もし、アフターフォローをしないで建てたら建てっぱなしであれば素材や納まりなど関係ないし、知らんぷりが出来るのかもしれません。

 

アフターフォローをしっかりしている会社が造る家は、いつまでも責任があるので「しっかりとした家」になります。

当然、「しっかりした家」を造っている職人さんも皆、しっかりとしているという事だと思います。

類は友を呼ぶ。

 

tanaka

 

最新情報