company


平成29年1月より兄の後を引き継ぎ社長に就任しました。
私の父親は大工であり幼少の頃から『お前は大工になるんだぞ!』という教育を受けていた事もあり、この業界に入りました。 大工の経験を16年が経過した頃、兄から大工ではなく現場の管理やお客様とのやりとりをするよう指示を受けました。 私は人と話すことが苦手だったので当初は戸惑いながら接客をしておりました。 しかし、幼い頃から建築業に携わっている人達を見てきたので、会社を倒産させた人や、体調を悪くした方など数多くの失敗を見て育ちました。 そうした経験のお陰で、先を見て日々行動する事の重要性も学ぶ事もできました。
私がお客様に対して考えている事のひとつに『これはお客様の為になるのか?』 という事です。当社には宣伝広告費を出来るだけ抑え、営業マンもおりません。これらは、コストの面でお客様の為にならないので採用していないのです。

施工エリアについても高崎市を中心に当社の近隣エリアのみと限定させて頂いております。遠方での施工も不可能ではありませんが、万が一お客様の家でトラブルが発生した際に、すぐに私たちが駆け付けられる範囲となると、残念ながら限られたエリアの施工しかお引き受け出来ません。 これも、自分たちの仕事に責任を持ち、お客様の為になることを考えて守っている事のひとつなのです。また、施工棟数も限定させて頂いており、私達の目がしっかり届く棟数の家しか造りたくないからです。
会社は、利益がなければ継続することが出来ませんが、私達は、これらのこだわりを曲げられない頑固な会社です。素晴らしいデザインの家も魅力的ですが、それだけでなく、私は何よりも住み心地にとことんこだわった家を造っています。 デザインにはその時代によって流行がありますが、住んで健康で超省エネな家はいつの時代も変わりがありません。そこに住み続ける限り続いていく健康で超省エネな家を大切に造っています。 お客様に「岡建で建てて良かったね!」と毎年実感して頂ける事が、私のエネルギーの源になっているのです。