とことんこだわるのがオカケンスタイル
外壁の下地のこだわり
外壁を仕上げる前段階のモルタルの下地

外壁のモルタル下地は、1回目のモルタル下塗りをして、1週間程度時間をとってから、2回目の仕上げのモルタルを塗ります。

このひと手間で、仕上がりが“断然”良くなるのです。

適材適所!見えない所にもこだわるのが、オカケンスタイル
一般的には、この上に仕上げの吹付や、塗り壁で仕上げるのですが、当社ではこの仕上げの前に入った小さいヒビや、塗りムラを担当者がチェックして、うす塗り材で細かく補修します。

仕上がってしまえば見えなくなってしまうモルタルの下地ですが、妥協しないのが当社のスタイルなのです。
適材適所!見えない所にもこだわるのが、オカケンスタイル