住み心地の良い家づくり

考え抜いた水道配置&排水の防音対策

赤と青の管は、給水と給湯の管です。色がついているのは保温材で、その中に架橋ポリエチレンという樹脂の配管が、2重に施工されています。

水道の配管というと、鉄やステンレスや銅をイメージするかと思いますが、当社では配管内の錆びや、継手の腐食などを考えて、耐久性のあるこの素材を採用しています。
何十年か住んだ後に配管内のヨゴレが気になる場合も、壁をはがさずに、この中のパイプだけ交換が可能な優れものです。 また、継手や曲がりを使いませんので、水漏れの可能性は、ほぼゼロです。

天井の上に配管されているのは、トイレの排水管です。
この配管にもきちんと防音対策をします。例えば、リビングにいる時、2階のトイレの排水の音がするのでは問題ですよね…。

天井や壁が張られてしまうと見えない水道の工事ですが、実はココが重要なところ。水道工事にもとことんこだわるのが、オカケンホームの家づくりなのです。