住み心地の良い家づくり

パッシブデザインによる庇の役割

オカケンホームの特長でもある南の深い庇
この長い庇のメリットは、夏の日差しをカットすること。
しかし、全て屋根材で葺いてしまうと、冬場室内に光が入りにくくなるというデメリットがあるのです。
そこで、このようにガラスを採用し、冬の光をたっぷりと室内へ入れる工夫をしています。
冬はこのガラス面より、太陽の光が差し込み、室内をダイレクトに暖めます
夏は計算された庇の長さにより、日差しをカットするよう計算されています。
南面のサッシも、幅を2割、高さも1割程度大きく設計し、たくさん光が入るようにしています。

こうすることで、冬は暖房をしなくても日中差し込む太陽の力で暖房するパッシブデザインを取り入れています。

パッシブデザインにすることで、少ない暖房設備で冬暖かく暮らすことができるのです。

オカケンホームの家には床下に6帖用のエアコンを1台設置することで、床下の空気が壁の中を通ります。そうすることで、家中どの部屋もほとんど温度差がありません。
もちろん、このエアコン1台なので、かかる光熱費は少なくて済むのです。
建てたら終わりではなく、建てた後にどう快適に生活できるのかを一番に考えているからこそ、このような家の設計にもなっているのです。